Top Banner

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |







遺産相続、贈与、住宅ローン借換
不動産登記情報の利用は、
司法書士法務サービス京都

査定資料作成業務

1.一覧表(台帳)作成業務

 弊事務所では、取得した不動産登記情報より、民法・不動産登記法に則ったコンピュータによる情報解析を行うことにより、デジタル情報に変換し、実質順位を表した台帳形式の一覧表の作成を行っております。
共有者持分毎に担保されている・されていないかも当然に明らかにしています。
 この表を用いることにより、複雑な登記関係であっても一覧表に置き換えることにより、担保の実質順位が確認できます。

2.配当計算

 1.の業務により実質順位が明らかなれば、配当計算や配当余力計算が可能になります。
たとえば、共有者持分毎の内容を表記していますので、共有者の持分毎に対する配当可能益が計算されます。
また、以下のように登記が入り組んだ、いわゆるたすき掛け設定登記があったときでも、配当計算を行うことができます。

  • 土地1が 1番-A信用金庫抵当権、 2番-B銀行抵当権   、 3番C銀行根抵当権
  • 土地2が 1番-C銀行根抵当権  、2番-B銀行抵当権   、 3番A信用金庫抵当権
  • 建物3が 1番-B銀行抵当権   、 2番-C銀行根抵当権 、 3番A信用金庫抵当権

下記のサンプル台帳をご覧下さい。

samplemortgagelistsamplemortgagelistたすき掛けサンプル

3.利用例

 すでに、お客様より、
1.不動産購入時における基礎資料
2.会社調査資料
3.M&Aにおける不動産担保状況調査と資産価値の査定資料
4.企業再生における不動産担保状況調査を行うことによる交渉資料
としてお使いいただいております。

この他にも、
①.個人再生における不動産担保状況調査を行うことによる交渉資料
②.一般企業または取引先における不動産担保状況の確認と査定または与信資料
③.会計事務所の顧問先の会計・資産資料
としてお使いいただけるものと考えております。

サンプル台帳1サンプル台帳1サンプル台帳1サンプル台帳2サンプル台帳2サンプル台帳2