Top Banner

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |







遺産相続、贈与、住宅ローン借換
不動産登記情報の利用は、
司法書士法務サービス京都

オンライン登記申請

 オンライン登記申請を行うときに、法務省提供のオンライン申請支援ソフトだけの使用ですと、連件申請のみならず単件申請でも申請手続きを行うのに結構苦労します。
何か便利なツールはないものかと探していましたら、優れものがありました。

オンライン申請便利ツール。

 司法書士滝本雅康氏がご自身のホームページでオンライン申請お役立ちツールを提供しておられます。
この中でも特に「SJpath(申請情報パスの取得)ソフト」が重宝なので使わせてもらってます。

LinkIconオンライン申請お役立ちツール

 このSJpathソフトの使用方法と便利な使い方をまとめてみました。

①Explorer(Internet Explorerではないですよ)などを用いて、申請情報フォルダーのパスを取得してクリップボードにコピーします。
実際には、下の図のように申請フォルダーをドラッグアンドドロップします(下の画像では2件目の申請フォルダーをドラッグアンドドロップしてます)。

Sjpath01


②オンライン申請を行うとき、フォルダーの指定を行うときに、CTRL+Vでフォルダーの記録を貼り付けることができます。
クリップボードにコピーするのは一つのフォルダーなので、連件申請の場合には、もう一度Explorerの使用から始める必要があります。
 この為、クリップボードの履歴をとるソフトや数個の内容を記録しておくソフトがあると便利です。
このようなソフトは、Vectorにクリップボード拡張ソフトが多数登録されています。
その中でも私は、Cliborを使用しています。
コピーした内容の記録をとってくれるだけでなく、ソフトの起動も簡単です。

  • Ⅰタスクトレイに常駐し、クリップボードの使用履歴をとってくれる。
  • Ⅱ必要な時だけ呼び出し(Ctrl二回で呼び出しなど)、履歴の一番最後の内容キーを押して、フォルダー指定の箇所でCTRL+V。

LinkIconClibor (Vector)

 下の図は、Cliborを呼び出したところの画像です。
例では5件の連件申請ですので、いつも5キーを押すことにより、申請したい申請フォルダーを指定できます。

Sjpath02


③この繰り返しを行うことにより、申請が少しは楽になります。
下の図は、貼り付け(CTRL+V)が完了した画像です。

Sjpath03

Cliborを使うコツは、次の三点です。

  • ①新たな申請や異なる申請を行うときには、一度履歴を消去してしまうこと。
  • ②一番最初に記録した内容が、一番下の記録になっているので、常に一番下の番号(又はアルファベット)キーを押すこと。
  • ③CTRL+A(すべてを選択)を使うと、使いやすい場面があるかもしれません。


 この二つのソフトを利用することにより、連件申請や乙号申請の申請だけでなく、完了証明書をダウンロードするときにも役立ちます。
 私は大変便利なソフトだと思って使用していますが、皆様がご使用されるときには自己責任でお願いしますね。

LinkIcon法務サービス京都 Page Top

オンライン申請手続き1
オンライン申請手続き2