Top Banner

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |







遺産相続、贈与、住宅ローン借換
不動産登記情報の利用は、
司法書士法務サービス京都

京都市今昔マップ(市街図時系列地図)

雑感

 大正時代の地図を見ますと、現在の京都市に比べるとかなり小さな市街図ですね。
現在の上京区、中京区、下京区、東山区ぐらいの範囲です。現在のJR東海道線より南、山陰線より西には市街地があまりありませんね。
 以前、年配の方から、「京都に田舎有り」と言われたときにはピンときませんでしたが、昔の地図を見ますと、なるほどとうなずけます。
 ところで、京都市営地下鉄に「鞍馬口」駅があります。
観光客の方が鞍馬寺に参拝されるときに間違われて降りてしまわれる駅です。
現在では、観光客の方にはわかりにくい地名となってしましましたが、この当時の地図を見ますと、正に鞍馬への出発口になっていることが分かります。
 他に気がついたこととしては、上の地図では分かり難いかもしれませんが、二条城(当時は二条離宮)の西北側に刑務所(当時の名称は京都刑務所)が記載されています。
現在では、住宅地となって久しいのですが、こうして時系列順に地図を重ねていきますと、京都市街も結構変遷しているのですね。

 機会があれば、他の変遷もアップしたいと思います。
どうか京都市街の変遷をお楽しみ下さい。

 上記市街図画像データは、時系列地図閲覧ソフト「今昔マップ2」を使って作成しました。