Top Banner

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |







遺産相続、贈与、住宅ローン借換
不動産登記情報の利用は、
司法書士法務サービス京都

相続登記にご用意いただく必要な書類

1.用 語

 被相続人   - お亡くなりになった方のことです。
 相 続 人  - 相続できる権利をお持ちの方全員です。
 謄     本 - 家族または世帯全員の証明書
 抄     本 - 家族または世帯一部の人の証明書
 戸籍の付票 - 「ある戸籍に入っている者」の住所履歴を表す証明書類です。

2.被相続人に関して必要な書類

○被相続人が生まれてから亡くなる迄の全ての戸籍謄本、原戸籍謄本、除籍謄本。

  本籍地の市区町村役場。
  市民課(住民課)。
  使用目的-相続登記に使用。
 上記使用目的を申請書にお書きいただき、担当者に「司法書士から、生まれてから亡くなるまでの戸籍関係書類全て取得して下さいと言われた。」と、お話し下さい。
そうすれば、その役所に保管してある戸籍関係書類を発行してくれるものと思います。

被相続人の戸籍の付票謄本

  本籍地の市区町村役場。
  市民課(住民課)。
  使用目的-相続登記に使用。
 保存期間が、閉鎖されてから五年ですので、発行されない場合が有ります。

○相続する物件の評価証明書

  物件所在地の市区町村役場。
  納税課等(市区町村によって異なります。)
  使用目的-相続登記に使用。
 同居の親族でないと発行されない役所もありますので、ご注意下さい。

○相続する物件の権利証書

物件の確認を行うために拝見します。
特に道路部分などの確認をします。
通常は、確認後お返しいたします。

3.相続人に関して必要な書類

相続人の戸籍(抄本)。

  本籍地の市区町村役場。
  市民課(住民課)。
  使用目的-相続登記に使用。

相続人の住民票(抄本)

  住所地の市区町村役場。
  市民課(住民課)。
  使用目的-相続登記に使用。
 本籍地・筆頭者の記載もお願いします。

相続人の印鑑証明書

  住所地の市区町村役場。
  市民課(住民課)。
  使用目的-相続登記に使用。

 有効期限はありませんが、なるべく新しいものをお願いします。


○印の書類を、相続登記ご依頼時にあらかじめご用意頂きますと、処理が円滑に進みます。
印の書類は、書類作成が円滑に進みます。

 ご依頼いただける物件が多数の場合は、被相続人名義の名寄帳(なよせちょう)を物件所在地における市区町村役場の納税課等で取得していただけますと、漏れが無くなります。
 このページでは、不動産を中心に説明しましたが、この他に相続される財産がある場合には、その財産の資料をお持ち下さい。
一緒に遺産分割協議書に記載します。